Shakujii Pleats

集住することで生まれる共通の空地を利用して密集地の中に奥行きをつくり出した。そして、住戸間を分節するために設けた3つのひだのような隙間の空間(プリーツ空間)にまで連続させた。プリーツ空間は、周辺環境とこの建築をつなぐ領域にもなっている。

プリーツ空間には動線や視線の通り道としての機能だけではなく、やわらかい光を住戸内部に届ける機能も併せもたせている。各住戸の大きな開口はここに向けて確保されているため今後の周辺の状況に左右されることなく、内部において住まい手は自由にそれぞれの家を作ることが可能である。

また、長い時間ここに永続する力強さを内包する建築を置きたいと考え、コンクリートブロック造を採用し、構造と仕上げを兼ねている。ブロックは、黒い顔料を混ぜて焼いたブロックとそれを小叩きにしたものを組み合わせたボーダーパターンで使っている。

Vacant spaces are inevitable in shared housing, but in this six-unit cooperative house, the common access path functions to create a sense of depth in a crowded residential neighborhood. Three pleat-like gaps lead off at right angles from this access path, separating the units from one another and serving as intermediate zones between the building and the surrounding environment.

In addition to providing circulation and visual access, the “pleat spaces” let soft natural light enter each residential unit. And because each unit opens onto a pleat rather than the street, residents can freely create their own unique living environments without having to worry about future changes in the area surrounding the building.

The building is constructed from concrete blocks in order to ensure strength and longevity. The blocks serve as both the framework and the finish of the building. Two types—one made from concrete mixed with black pigment and the other from concrete with a blast finish—were used, creating a striped pattern.

所在地
東京都練馬区
主要用途
集合住宅
敷地面積
244.53m2
延床面積
538.52m2
構造
鉄筋コンクリート 鉄骨造
規模
地下1階、地上3階
竣工
2010年
Place
Nerima-ku, Tokyo, JAPAN
Purpose
Housing Complex
Ground Area
244.53m2
Architectual Area
538.52m2
Construction
RC, Steel Construction
Floors
3 floors and 1 basement floor
Completion
2010