東京「丸の内」にある憩いの場

2012年 2月 16日
|

「丸の内ブリックスクエアー」の中庭は、美術館やオープンカフェ・ショップに囲まれた、居心地のよい場所です。

 
 
 


三菱地所が、丸の内地区再開発の一環として「三菱商事ビル(1965年建設)・古河ビル(1971年建設)・丸ノ内八重洲ビル(1928年建設)」を取り壊し、その跡地を利用して生まれたのがこの「丸の内ブリックスクエアー」。

ここに新しく建てた「丸の内パークビルディング」は、同じ敷地内に「三菱一号館」を再現などすることで可能になる容積率緩和を利用し、基本の容積率より大きな規模の建築を作り出しています。

建て替えるには早すぎる建築2つと、文化的価値のあった「八重洲ビル」を解体してまで行った再開発のため、「経済優先」と言われ多くの反対論があったことは想像に難くありません。

しかし、高層化することによって生まれた空地をこうやって多くの人が憩いの場として利用しているのを見ると、丸の内にこの場所をつくりだしたことは評価されても良いように思います。

 
 
 


このような場所が都心にもっとたくさんあると良いと思います。

今回は、特に寒い冬の日に訪れましたが、秋に訪れた際にはもっと多くの人で賑わっていました。

 
 
 


ヘンリー・ムーアやコルネリス・ジットマン、淀井敏夫の彫刻もあります。

この少年は、淀井敏夫がお気に入りなようでした。

 
 
 


商業ゾーンとは思えない心地よさ

公共の広場・公園というスペースや歩行者天国でも経験したことのない心地よさがあります。それは、「適度な広さの囲われた空間」と「ベンチ(その存在とかたち)」と「植栽の配置の仕方」が大きな要因ではないかと思います。

 
 
 


1894年(明治27年)に竣工した後、1968年(昭和43年)に解体されてしまったジョサイア・コンドル設計の丸の内最初のオフィスビル「三菱一号館」を美術館として再建。

 
 
 


オープンカフェがあり、ユニークなショップがあり、空や緑やすずめなどの自然も豊富にあります。

 
 
 


リサイクルショップ「PASS THE BATON」という店の前

4輪車がありました。

 
 
 


行列のできるバターのお店「エシレ・メゾン デュ ブール」

みなさんのお目当ての品は、クロワッサンとバターケーキ(ミゼラブル)らしいです。

 
 
 


このような場所を生み出すために、「既存の建築を全て取り壊し」ではない方法を探ることが理想であることは間違いありません。

日本建築家協会による「丸の内八重洲ビルの保存活用に関する要望書

建築文化を継承しつつ、人のための場所作り。
都市計画に求められている大きなテーマのひとつなのだと思います。

 

(写真撮影 2012年2月12日) 塚田眞樹子建築設計