親子で「センカエン」

2011年 11月 5日
|

陸前高田の海岸沿いを離れ、大船渡に向かう国道45号線沿いで見つけた芽生え(再開の店)です。

 
 
 


まずは、開園明治14年の果物販売店「仙果園」でお買い物。

なんと「黄王(きおう)」を3個購入したところ、3個のおまけがついてきました。さらに試食として1個ごちそうになりました。

「黄王」は、りんごの中で世界一おいしいと思っているのですが、収穫時期が短いのが難点です。ちなみに、りんごの品種に「世界一」という品種もありますので、混同しませんように!

岩手県のりんご生産量は、青森、長野に次いで第3位。でも、スーパーではあまり見かけないのですが、その理由は「完熟で出荷」しているからだそうです。確かに完熟していて、うまみがスーパーで購入するものとは違うように感じました。

 
 
 


元々ご両親が開いていた仙果園の横で、被災したご子息が仮設のプレハブ店舗で食堂を再開したのが、このお店「仙華園」。

 
 
 


中華そば400円です。

魚からとったスープらしいのですが、ダシがきいていて非常においしかったため、「何からとったスープですか?さんまですか?」ときいてみましたが、企業秘密らしくお教えいただくことは、できませんでした。

 
 
 


おいしいから、ごらんの通り。ごちそうさまでした!

 
 
 


他は、味噌ラーメン、肉そば、カレーうどんをそれぞれが注文しました。

 
 
 


この地方に来て、なぜカレーうどんを注文する人がいるのかはきかないでください。。。
私にもわかりません。

 
 
 


心を込めて営業中です。どうぞよろしくお願いします。

 

(写真撮影 2011年9月10日) 塚田眞樹子建築設計