Makiko Tsukada Architects

塚田眞樹子建築設計

都市のエコ菜園(2)

2015.08.13 3つの菜園

○北テラスガーデン
直射光に弱い野菜を育てる場合、北テラスを菜園として活用することが有効です。
また、写真のようにルーバー天井があると、パーゴラとしての利用やハンギング野菜も楽しめるので非常に便利です。

○キッチンガーデン 1
カウンターの上で育てているハーブには、栄誉が豊富に含まれている野菜のゆで汁などを、捨てずに与えています。

○キッチンガーデン 2
普段捨ててしまうネギやクレソンの根、また、摘んで余ったバジル等を水につけておくと根が伸びてきます。
写真のカラーガラスカップは使われずに食器棚の奥にあったものを利用しています。
まさに不要なものでつくられたキッチンガーデンです。

○南テラスガーデン
屋上やテラス、ベランダに植物を置くと、夏の太陽熱を遮断するだけでなく、散水による蒸散作用で、周辺温度を下げることができます。
これは、室内の冷房負荷を抑える事にもつながります。