江戸東京野菜って知ってる?

02
2012年 4月 9日
|

江戸は、全国から集まった人によって作られた都市でした。野菜も各地から集まり江戸で改良され定着。その種がまた地方へと広がりました

食に関する情報は、やまけんさんのブログでしょ!ということでよく読んでいますが、その中に「野菜の学校」の案内がありました。

4月7日(土)は江戸(東京)の伝統野菜を取り上げるということで、参加をしてきました。

 
 
 


大竹道茂氏の講演の後、東京の「のらぼう菜」、栃木の「かき菜」、千葉の「菜花」という見た目はほとんど違いがわからない野菜をゆでて食べ比べ、参加者で食感や味の違いを楽しむという企画がありました。

個人的には、ほんのり甘みのある江戸の伝統野菜である「のらぼう菜」が好みでしたが、多くの方は食べ慣れている「菜花」を好みと言っておりました。

 
 
 


練馬大根はあまりに有名ですが、写真のような大根も江戸の伝統野菜として、今日でも作られているようです。

練馬は、徳川綱吉が尾張から大根の種を取り寄せ練馬で栽培させたところ、立派な大根が採れたため、練馬大根の大生産地となっていったという歴史があるとのこと。

当時の練馬大根は、非常に大きく立派で、江戸の土産としてその「種」を求める地方の人が増えていったようです。
江戸では大根以外にも優れた野菜が出現し、それらの「種」は、参勤交代で全国に広がっていき、それぞれの地方でそこに馴染むように改良され、その地方の特産品になっていったようです。

 
 
 


野良ぼう菜、三河島菜、東京うど

「三河島菜」は、江戸時代初期に三河国(愛知県)の百姓が江戸に入植して作り始め、参勤交代とともに仙台に伝わり「芭蕉菜」となっていったそうです。

「東京うど」は、関東ローム層の粘土質が、室(むろ)を作るのに適していたため、作る農家が増えていったとのこと。

 
 
 


一番左の「滝野川ごぼう」は、元禄年間に現在の北区、北豊島郡滝川村で栽培されていた伝統野菜。

長さが70cmから1m近くにもなるそうです。現在、国内で生産されるごぼうの多くの品種の元祖といわれているようです。

長過ぎるごぼうは、掘りおこしが大変なため、短く改良されていったのでしょうか?

 
 
 


東京で穫れたばかりの伝統野菜を使った料理を試食しました。

あっと驚く料理だったら、もっと良かったかもしれませんね。

小金井市には、「黄金の昔野菜」という名前で「江戸東京野菜」が販売されているようなので、そこで野菜を手に入れて、オリジナルレシピで料理をつくってみる?

 

(写真撮影 2012年4月8日) 塚田眞樹子建築設計